• ホーム
  • トリコモナスの再発を防ぐためにすべきこと

トリコモナスの再発を防ぐためにすべきこと

2019年09月18日
落ち込んでいる男性

トリコモナスは減少しつつありますが、再発を繰り返す人が増加しています。再発を繰り返すにはいろいろなケースがあり、例えば原虫が完全に死滅していないことがあげられます。薬などの治療によって症状が現れなくなったので完全に治ったと感じても、原虫が完全には死滅していなかったり潜伏してることがあるので再発することがあるでしょう。多いのがパートナーからの再感染で、原虫を死滅させ完治したとしても、感染しているパートナーと関係を持つことによって再感染したり、再発することが多いです。特に男性はほとんど症状が現れなかったり、検査を行っても陰性として診断されることもあります。臓器などに潜伏していることもあるので注意が必要です。トリコモナス症は他の性感染症と同じように、感染が判明したら必ずパートナーも検査したり治療を行うことが必要で、再感染を避けることが大切です。治療効果が不十分だと隣接する臓器から侵入されることもあり、トリコモナス症を完治しても原虫が腟以外の部位に生息しているケースがあります。子宮頸部や卵管に認められることが多く、また再感染することがあるでしょう。

男性のトリコモナス症状の場合、原虫に感染すると尿道から微量な分泌物が出ることが多く、排尿時に軽い尿道炎を起こすことがあります。多くの場合はこのような症状がないので注意が必要です。トリコモナス原虫が尿道だけの場合、尿で排出されることもあるでしょう。原虫は前立腺や精?に生息していることが多く、前立腺炎を引き起こすケースがあります。比較的まれですがトリコモナス原虫が尿道に現れると尿道炎を生じます。他の性感染症と同じく、感染させることを避けるためパートナーと同時に治療を行うことが大切です。男女ともメトロニダゾールなどの医薬品を服用することが推奨されていて、治療が不十分で追加治療が必要なら1週間投与期間をあけなければいけません。女性の場合、経口投与が難しいと腟錠を利用したり、経口薬と腟錠を併用しながら治療することが可能です。妊婦の場合は経口投与は避けるために、比較的安全な腟錠によって局所療法を行うことができます。産婦人科では内服薬を使わずに、腟錠を腟内に挿入するのが一般的な治療です。トリコモナスが治癒したかについて、自覚症状や他覚症状共に消失したかによって判断することができます。残存した原虫が月経血中で増加することがあるので、女性の場合次の月経後も原虫が消失したか確認する必要があります。