• ホーム
  • トリコモナスの検査はどのように行う?

トリコモナスの検査はどのように行う?

2020年02月14日

トリコモナスにかかっているかどうか検査することができます。いろいろな方法がありますが一般的に病院で行うことができ、綿棒で尿や膣分泌物を採取したり、顕微鏡や培養検査などを受けることが可能です。診断として泡状だったり悪臭の強い黄緑のおりものが重要になりますが、このような症状は半分ぐらいの女性に認めることができ、膣の発赤は75%になります。おりものや分泌物などの異変を感じたら、検査を受けることをおすすめします。

病院へ行く時間がない人には郵送検査キットが便利です。インターネットなどを利用して購入することができ、男性女性とも利用することができます。中身の分からないプライベート梱包で郵送してくれたり、中には品名が健康用品や健康食品などで発送してくれる業者もあるので便利です。血液や尿・便などを採取し専用袋の入れると終わりです。送料がかからない箱で返送することができたり、リーズナブルな価格で利用することができます。検査結果は自宅に郵送されているので、自宅にいながらすべての検査を受けることが可能です。定期的に検査を受けている人も多く、再発を確認することができたり再発してもすぐに治療することができます。郵送された後は顕微鏡でトリコモナス原虫があるかないか調べることが可能です。

トリコモナスは性感染症の一種ですがまれにお風呂やトイレからの感染することもあるので注意が必要です。おりものの異常の原因として頻度の高い病気で、分泌物に何かしら異変があったら郵送検査キットを利用してみても良いでしょう。人によっては症状が現れないことも多いので、一度感染したことがある人は定期的に利用することをおすすめします。感染の可能性があった時から検査することが可能で、男性の場合は症状があまりないですが尿道炎が起こることがあります。女性の場合、泡状のニオイの強いおりものが出たり、外陰部の強いかゆみや痛みなどが特徴的です。性的接触や一部の性感染症について公衆施設などを介して感染することもあるので、誰にでも感染する可能性がある病気です。感染の疑いがあるような行為を持ったり、尿道から膿のようなものが出たら注意しましょう。おりものの量や色・ニオイがいつもと違っていたり、排尿時に軽い痛みがあるなら注意が必要です。微熱が続くような自覚症状があると、すみやかに検査したり医師に相談することをおすすめします。いろいろな方法があり自分のライフスタイルに応じて選択することが可能です。