• ホーム
  • トリコモナス治療薬のジェネリック「チンビスタ」を解説

トリコモナス治療薬のジェネリック「チンビスタ」を解説

2019年08月29日
薬を飲む男性

トリコモナス治療薬にはチンビスタがあり、それは後発医薬品であるジェネリックで、安い価格で利用することが可能です。トリコモナス症に対して先発薬と同じく高い治療効果があり、主成分はチニダゾールです。トリコモナス治療でよく使われている後発医薬品で、先発薬と同じくチニダゾールを含有しています。同じ治療効果が期待することができ、単回投与による治療が可能なので利便性に優れています。ザイダスカディラ社から製造・販売されていて、安い価格で注文することが可能です。チンビスタの安い理由として、1錠あたり単価は先発薬の1/3程度になっていて、1シートの価格で比較するとかなり安いです。チンビスタを利用すると費用を抑えながら、トリコモナス治療を進めることができます。チンビスタのようなチニダゾール錠を使ったトリコモナス治療において、1回あたり4錠を内服することが多いです。チンビスタは1シート10錠入りになっていて、1シート4錠入りになっている先発薬での治療1回分の費用と比べると安い価格で薬剤を購入することができます。もし再発時の治療が必要になったら費用総額が変わってくるので、費用効果の良さに加えて再発が見られた段階において即時に対処することができるのもチンビスタのメリットと言えるでしょう。

チンビスタの服用方法は水やぬるま湯と一緒に服用します。1回の用量として4錠で、チニダゾールとして2000mgになります。1日の服用回数は1回で、服用する期間は1日のみです。チニダゾールとして2000mg1回服用するだけで、トリコモナス治療することができます。1度に4錠服用しましょう。1週間経過した段階においてトリコモナスが完治しなかった場合、初回投与時と同じ服用方法で再び服用することが可能です。再投与する場合は最低1週間間隔を空けることをおすすめします。使用上の注意として、服用した後3日間はアルコール摂取を避けなければいけません。主な副作用はいくつかあり、例えば吐き気や嘔吐、胃部不快感や食欲不振などがあげられます。特に多いのが吐き気や胃の不快感といった胃腸にまつわる副作用で、ほとんど軽微な症状で有効成分が体内から排出するのに伴い解消されるでしょう。基本的に医薬品を服用する場合、アルコールと一緒に摂取することは禁止されているのでチンビスタを利用している間、お酒には注意が必要です。チンビスタの人気が高い理由として、お安いジェネリックを利用して効率的に治療することができるからです。