• ホーム
  • 梅毒はHIVの合併リスクもある性病

梅毒はHIVの合併リスクもある性病

2019年10月29日

梅毒は梅毒トレポネーマ・パリダムという病原体が原因で、主に性行為やキスなどで感染します。顕性梅毒と潜伏梅毒があり、病原体が原因で主に陰部に移って感染する特徴があります。稀に口から口に感染することがあり、乳首や輸血から感染することもあるでしょう。衣類や食器・カミソリからも感染することがあるので注意が必要です。皮膚や粘膜の傷から感染することがあり、内臓や心血管系、骨や中枢神経などの全身の器官において侵される病気です。HIVの合併リスクがあり、細胞性免疫不全によってトレポネーマの宿主の防御機能が低下することにより潜伏期間が短縮する傾向があります。病気が早く進行するので第1期~3期まで通常3年かかるところ、HIV患者は数ヵ月で経過したり神経梅毒に速やかに進展するので注意が必要です。梅毒血清反応の定量値が高値になったり低値を示し、激しく変動することがあるでしょう。血清反応が陽性にならない場合があり、血液製剤によるHIV感染者は陰性になります。病巣は重篤化し水疱や膿疱、深い潰瘍などが広範囲に発生していきます。

ノバモックスは梅毒治療の第一選択薬として利用されている医薬品です。梅毒トレポネーマによる感染症治療に高い効果があり、細菌性の風邪や溶連菌の感染症治療などに使われています。ノバモックスの成分はアモキシシリンで、さまざまな疾患の治療に利用することが可能です。シプラ社から製造・販売されていて、ペニシリン系抗生物質においてアレルギーが出にくいと言われています。アモキシシリンを有効成分にしていて、治療に対してよく利用されていて特に第1期や第2期のものに関して1~2ヶ月の服用で改善することが可能です。ノバモックスはジェネリック医薬品になるので、ペニシリン系抗生物質である先発医薬品と同じ治療効果が期待することができます。ノバモックスの有効成分であるアモキシシリンの適応菌種について、梅毒トレポネーマやブドウ球菌、肺炎球菌や腸球菌、淋菌などがあげられます。狭い範囲の菌にだけ効かないという特性をいかして、人の身体に常在している善玉菌の影響が少なくないのが特徴的です。症状が進んだ分服薬期間が長くなりますが、早期治療することによって症状を改善することが可能です。ノバモックスにはいくつか副作用があり、主な副作用として下痢や軟便、食欲不振や発疹、悪心や嘔吐などがあげられます。早期発見・早期治療することによって悪化する前に、症状を抑えることができるので便利です。