• ホーム
  • 膣トリコモナスの治療には「フラジール」が有効

膣トリコモナスの治療には「フラジール」が有効

2019年08月16日
多様な薬を持っている男性

フラジールは膣トリコモナスの治療において第一選択治療薬として処方されていて、膣錠と比較すると原虫の再出現率を更に抑える効果があります。膣トリコモナスに対し96.4%の有効性があり、トリコモナス治療や二次感染などによる悪化の予防することが可能です。細菌性腟炎や偽膜性腸炎・嫌気性菌感染症にも幅広く適応することができるので、抗原虫薬として幅広い世代の人が利用しています。フラジールの成分はメトロニダゾールで、トリコモナス症などの感染症の治療薬として幅広い適応菌種があげられます。有効成分メトロニダゾールが膣トリコモナスを効果的に治療することができ、アボットラボラトリーズ社から製造・販売されている人気の抗原虫薬です。第一選択薬として50年以上使われ続けていて、飲み薬と膣錠が存在しています。トリコモナスの菌は膣内はもちろん、尿道にも拡がるケースがあります。膣錠を利用するとフラジールの効果を膣にしか届けることができないので、確実に治療するには全身に作用する飲み薬が有効的でしょう。病院で処方されているので、医師に相談しながら治療することができます。トリコモスに対する有効性は高く、治癒力は承認時に行われた臨床試験において実証されているので安心して利用することができるでしょう。

膣トリコモナスが発症すると膣の環境を良好に維持する善玉菌の働きが弱くなるので、他の病原菌から感染されやすくなり非常に無防備な状態になってしまいます。このような二次感染から膣の炎症が悪化したり、性器から悪臭の症状を伴うようになるのです。特に膣内の善玉菌機能が衰えている高齢者の場合、トリコモナスの治療と同時に他の細菌に対して治療しなければいけません。この治療薬は適応菌種が幅広くトリコモナス原虫はもちろん、二次感染を起こしやすい菌に対して高い殺菌効果もあります。フラジールは二次感染による悪化を同時に行えることが可能です。フランジールは病院でも購入することができますが、インターネット通販を利用して個人輸入代行サイトから購入することが可能です。処方箋なしで注文することができ、普通の通販のように注文することができます。いろいろな個人輸入代行サイトがありますが、中には偽物がでまわっているので注意が必要です。偽物を買わないためにも信頼できるサイトを利用することがおすすめします。再発を防止するため、自宅の常備薬として購入している人が多くいます。